dokdo

資料室

韓国の美しい島、独島

独島は日本による韓半島侵奪の最初の犠牲の地

Home > 資料室 > 独島は日本による韓半島侵奪の最初の犠牲の地 > 大韓帝国の独島管轄

print facebook twitter Share on Google+
  • 1
  • 2

沈興澤の報告書

沈興澤の報告書(1906年3月29日)

〔訳文〕

報告書号外

  鬱島郡守・ 沈興澤の報告書に、本郡(鬱島郡)所属の独島が 外洋100余里ほどにありますが、本月4日辰時ごろに1隻の輪船が郡内の道洞浦にきて停泊し、日本官人一行が官舍に至り自ら曰く、「独島が今や日本の領地となった故、視察に来島した』とし、その一行は日本島根県の隠岐島司・東文輔、事務官・神西由太郎、税務監督局長・吉田平吾、分署長警部・影山岩八郎、巡査一人、会議員一人、医師と技士各一人、そのほか隨員10人余りで、まず戸数、人口、土地、生産の多少を聞き、次に人員や経費がどれくらいかを聞き諸般の事務を調査するとして記録して去ったので、これに報告します。状況をお尋ねになったためこのように報告する旨、ご検討されますようお願い申上げます。
  これに準じて報告いたしますのでご確認されますことをお願い申し上げま。

光武10(1906)年4月29日

江原道觀察使署理 春川郡守 李明來

議政府 参政大臣 閤下

〔原文〕

Original Text