dokdo

資料室

韓国の美しい島、独島

独島は日本による韓半島侵奪の最初の犠牲の地

Home > 資料室 > 独島は日本による韓半島侵奪の最初の犠牲の地 > 日本の侵奪に対する韓国の人々の認識

print facebook twitter

大韓毎日申報

皇城義務、「大韓毎日申報」(1905年11月21日)

〔訳文〕

論説
皇城義務

  昨日、皇城の記者が、日韓新条約について、大韓帝国の皇帝陛下が伊藤大使の強請を正大且つ明確に排斥し拒絶した勅語と、多数の日本の兵士が宮廷に乱入して御座のすぐ前まで迫り脅迫した行動、そして伊藤大使が大韓帝国の朝廷大官を恐喝したり唆したりして、諸般強圧の手段を用いたこと、大韓帝国の参政が該当の条約に捺印しなかったことと、 君主と父を裏切り国権を消失させた各大臣の罪を事実のままに記した。また、この条約を皇上陛下は許諾されていない。
  参政大臣が捺印していないから、必然的に無効だということも掲載した。また、皇城の記者はこの報道を発布したら、必ず起こりうる事態を前もって予測し、検査を受けず朝一番に伝播し、静かに事の成り行きを見守っていた。案の定日本の巡査らがやってきて、社長の張志淵を逮捕し、皇城新聞を停刊させた。
  嗚乎、皇城の記者は単に新聞社の義務を見失わなかっただけでなく、実に大韓全国の社会と臣民の代表として、光明正直な義理を世界に示したのだ。是日也放聲大哭という一編の論説は、総じて大韓の臣民であれば大哭せずにはおれず、世界各国の公平な心を持った正義感に溢れる者は皆嘆き、憤慨するはずだ。嗚乎、皇城の記者の筆は、まさに日月と光を争っている。

〔原文〕

Original Text